読書日記

お薦めの本を紹介します

不死身の特攻兵ー佐々木友次

 不死身の特攻兵ー軍神はなぜ上官に反抗したか 鴻上尚史 講談社現代新書 

 

 1944年11月の陸軍第回1回特攻作戦から9回出撃し、陸軍参謀に「必ず死んでこい」と言われながら、命令に背き生還を果たした佐々木友次という特攻兵がいました。

 この本は、著者がどしてもこの人の生涯を、たくさんの日本人に知ってほしくて、書いた本です。

 佐々木友次さんは、2016年2月に92才で亡くなりました。この本には著者の2015年10月から11月まで4回のインタビューが、この本の柱になっています。

 佐々木友次は北海道札幌市に隣接する石狩郡当別村に1923年6月27日生まれました。農家の6男で、兄弟は7男5女の12人でした。尋常小学校に6年、高等小学校に2年通いました。

 子供の頃、佐々木家の近くの小さな山の上を新聞社の定期便の飛行機が、毎日、飛んでいました。佐々木友次は小学校に入る前から、飛行機が大好きで、毎日、大空を飛ぶ飛行機を追いかけていました。当別村の大空を見上げるたびに、飛行機に乗りたい、早く乗りたいと思っていました。

 小学校を卒業した佐々木は家業の農家を手伝いながら、17才の時、「逓信省航空局仙台地方航空機乗員養成所」の試験に合格します。この養成所は、逓信省の管轄ではあったが、実際は陸軍の予備役をつくる場所でした。

 軍隊式のしごきで、連日の体罰が続きました。理由があってもなくても、精神注入棒による尻叩き、生徒達による交互の対抗ビンタなどが行われました。

 佐々木友次は、横暴な上官の制裁に抗議して2日間、絶食した事も有りました。ここでの生活が1年間で、飛行機に50時間ほど乗りました。

 「逓信省航空局仙台地方航空機乗員養成所」を卒業した、1年後の1943年に、茨城県の鉾田陸軍飛行学校に配属されました。この飛行学校では陸軍の爆撃機である「九九式双発軽爆撃機」(略称 九九双軽)に乗りました。

 佐々木友次は九九双軽に乗り、毎日、急降下爆撃の訓練を続けました。身長160センチ足らず、幼い顔をしてる20才の佐々木友次は、それとは真逆の大胆で攻撃的な操縦をして、鉾田飛行場でも、評判の腕前となりました。

  ここで、のちに陸軍第1回特攻隊の隊長に指名された岩本大尉に出会うことになります。佐々木友次が、特攻で体当たりせずに9回出撃して生還できたのも、岩本大尉の考えによるところがあります。

 陸軍第1回特攻の出撃の何日か前に、岩本大尉は操縦者を航空寮の一室に集合させ、体あたり機を、独断で上の者の許可なしに、爆弾を投下できないのを投下できるように改装した事をはなし、「体あたり機は、操縦者を無駄に殺すだけではない。体あたりで、撃沈できる公算は少ない。こんな飛行機や戦術を考えたやつは、航空本部か参謀本部か知らんが、航空の実際を知らないか、よくよく思慮の足らんやつだ」と言い、さらに、明らかに命令違反で、軍隊では死刑に相当する「出撃しても、爆弾を命中させて帰ってこい」と発言します。

 岩本大尉は陸軍第1回特攻出撃の数日前に、儀式好きの司令官に宴会をするのでマニラに来るように命令を受け、現地に向かう途中に米軍のグラマン戦闘機に襲われて墜落し戦死します。

 

 

 

               目次

第一章 帰ってきた特攻兵

 

第二章 戦争のリアル

 

第三章 2015年のインタビュー

 

第四章 特攻の実像