読書日記

お薦めの本を紹介します

それでも、日本人は「戦争」を選んだ

 それでも、日本人は「戦争」を選んだ

   著者 加藤陽子   新潮文庫
 内容紹介

講義の間だけ戦争を生きてもらいました。

 

 明治以来、四つの対外戦争を戦った日本、膨大な犠牲者を払い、なお誰もが戦争やむなしと考えたその論理とは? 小林秀雄賞受賞の名著文庫化。

 

 膨大な犠牲と反省を残しながら、明治以来、四つ対外戦争を戦った日本。指導者、軍人、官僚、そして一般市民はそれぞれに国家の未来を思い、なお戦争やむなしの判断を下した。その論理を支えたのは何だったのか。鋭い質疑応答と縦横無尽に繰り出す資料が行き交う中高生への五日間の集中講義を通じて、過去の戦争を現実の緊張感の中で生き、考える日本近現代史小林秀雄賞受賞。

 

 目次

序章 日本近現代史を考える

1章 日清戦争 「侵略・被侵略」では見えてこないもの

2章 日露戦争  朝鮮か満洲か、それが問題だ

3章 第一次世界大戦 日本が抱いた主観的な挫折

4章 満州事変と日中戦争 日本切腹、中国介錯

5章 太平洋戦争 戦死者の死に場所を教えられなっかた国