読書日記

お薦めの本を紹介します

アメリカの高校生の経済の教科書

アメリカの高校が読んでいる経済の教科書

      山岡道男・淺野忠克  アスペクト

 

アメリカの高校生が読んでいる経済の教科書

アメリカの高校生が読んでいる経済の教科書

 

 

この本は、アメリカの高校生が学んでいる経済学の教科書を、日本人向けに分かりやすく改良した本です。高校生向けとはいえ、内容が、しっかりしてますので大学生や社会人にも、おすすめします。

内容紹介

アメリカでは、高校生からパーソナルファイナンスを学ぶ!
NCEE(アメリカ経済教育協議会)のスタンダード20を日本人向けにアレンジ。
お金に振り回されないために実生活に使える経済学を学ぼう。
消費者経済から国際経済まで、経済のツボが一気にわかる!
アメリカの高校生が学んでいる、パーソナルファイナンスを中心とする経済教育の教科書(NCEEスタンダード20)を日本の実情に即して大胆にアレンジした、経済の超入門書です。
新聞やテレビでおなじみの経済用語――金利、投資、需要・供給、株式、債券、リスク、リターン、トレードオフ、インフレ、デフレ、インセンティブGDP、為替レート――を単に意味を解説するだけなく、私たちの日常生活とどのようにリンクしているかを具体的に説明しています。
「毎日の生活に使える生きた経済学」を学ぶことができます。学生の方だけでなく、社会人の方にもおすすめです。

目次

第1章  家計の経済学―どうすればお金を増やせるのか?(希少性―資源は有限、人間の欲望は無限
    インセンティブ―人間の選択は損得に左右される ほか)
第2章  企業の経済学―経営者は利潤の最大化を目指す(起業家―より大きな報酬のために起業する
    企業―個人的欲望の充足V.S.利潤の獲得 ほか)
第3章  金融の経済学―銀行から上手にお金を借りる方法(家計と銀行―あなたの信用で利息は決まる    企業と銀行―銀行はお金の仲介者 ほか)
第4章  政府の経済学―政府も市場も失敗をする(パーソナルファイナンス国債編―国債の利回りで
    景気がわかる    財政政策―政府は企業の代わりに公共財を作る ほか)
第5章  貿易の経済学―日本は再び鎖国できるか?(貿易―自由貿易は世界全体の生活を豊かにする
    外国為替相場―為替レートは通貨の需要と供給で決まる)