読書案内

お薦めの本を紹介します

ローマから日本が見える

ローマから日本が見える

    塩野七生 集英社文庫

 

ローマから日本が見える (集英社文庫)

ローマから日本が見える (集英社文庫)

 

 内容紹介

資源も富もない、小さな都市国家ローマは「衆知を集める」という共和政の利点をフルに活用することによって、地中海世界を制覇する。しかし、勝者となったローマも「制度疲労」だけは避けることができなかった。この危機を乗り越えるべく、不世出の指導者カエサルが採った帝国方式とは―国家盛衰の法則を探りつつ、今日の日本を考える著者渾身の一冊。

著者紹介

塩野七生(しおの・ななみ)

1937年7月、東京に生まれる。学習院大学文学部哲学科卒業後、1963~68年にかけてイタリアで遊びつつ、学ぶ。68年より執筆活動を開始。主な著書に『チェーザレ・ボルジア あるいは優雅なる冷酷』(毎日出版文化賞)、『海の都の物語』(サントリー学芸賞)など。70年よりイタリア在住。92年より、ローマ帝国の興亡を描く『ローマ人の物語』に取り組む(2006年、全15巻で完結)。2002年、イタリア政府より国家功労賞を授与。07年、文化功労者に選ばれる。

目次

   はじめに

第1章   なぜ今、「古代ローマ」なのか
第2章   かくしてローマは誕生した
第3章   共和政は一日にしてならず
第4章 「組織のローマ」、ここにあり
第5章   ハンニバルの挑戦
第6章   勝者ゆえの混迷
第7章 「創造的天才」カエサル
第8章 「パクス・ロマーナ」への道
第9章   ローマから日本が見える
特別付録 英雄たちの通信簿