読書案内

お薦めの本を紹介します

川村元気が「理系」に学ぶ

    理系に学ぶ。

川村元気 ダイアモンド社

理系に学ぶ。

理系に学ぶ。

 

 

 本書は、「世界から猫が消えたなら」の作者で、「電車男」「悪人」「モテキ」など数多くのヒット作を手掛ける映画プロデューサーの川村元気氏の本です。
 文系出身であることがコンプレックスだったと語る川村氏が、ドワンゴ川上量生氏、Perfumeを手がけるメディアアーティストの真鍋大度氏、ミドリムシベンチャー社長・出雲充氏、統計学の西内啓氏、LINEの舛田淳氏、ポリンキーのCMディレクター佐藤雅彦氏など、数々のヒットを生み出している理系出身の仕掛け人に、「時代の先を読み解く方法」「ヒットの種の見つけ方」「売れるビジネスモデルの作り方」「感性の磨き方」「文系の役割」など、「これからのヒットのおきて」を聞いたインタビュー集です。そして、敏腕映画プロデューサーでなくては聞けない突っ込んだ質問が多く、これまでのインタビュー集にはない斬新で実践的な内容になっています。

 本書は、川村さんが、タイトル通り「理系に学ぶ。」というスタンスで、理系の世界で活躍する15人の方々に、それぞれの分野から見えてくる「未来」を学んだ本ですが、読んでみて受け取れたのは、ロボットや人工知能との共存、火星など宇宙での居住が当たり前となってくるすぐそこの未来に向かうとき、「人間は人間としてどうあるべきか」を、理系と文系はわかれていないで一緒に考えていかなければならない、というメッセージです。
 面白かったのは、ドワンゴの川上氏の「不戦勝がいちばんいい」という話。真正面からぶつかって戦い抜かないといけないような日本社会において、成功者はこういう考え方をするのか、と参考になりました。
 自らの文系という経歴にコンプレックスを持ち、自分にはない経歴を持った理系の人々に教えをこう姿勢に、川村氏のヒットメーカーのたるゆえんを見た気がします。
やはり生き残るには、常に「今、結果を出している人」「自分とは違った考えの人」に話を聞いて、自らも常に学んでいかねばならないということを教えられました。

 内容紹介

「文系はこれから何をしたらいいのか?」

 この本は、理系コンプレックスを抱える文系男が、2年間にわたり理系のトップランナーたちと対話し続け、目から鱗を何枚も落としながら、視界を大きく開かせていった記録だ。
 僕は2年間にわたり、理系人たちに訊ね続けた。これから世界はどう変わるのか? 日本はどう変わるのか?人間はどう変わるのか? 何が必要とされ、何が不必要になるのか?
その先に、どんな未来が待っているのか? (まえがきより)

世界から猫が消えたなら』『億男』『仕事。』の川村元気が言葉で読み解くこれからの理系脳。以下の15人と、サイエンスとテクノロジーがもたらす世界の変化と未来を語ります。
養老孟司(解剖学者/作家/昆虫研究家)
川上量生(カドカワ 代表取締役社長/ドワンゴ 代表取締役会長)
佐藤雅彦(東京藝術大学大学院 映像研究科教授)
・宮本 茂(任天堂 専務取締役 クリエイティブフェロー)
真鍋大度(メディアアーティスト)
・松尾 豊(東京大学大学院准教授 人工知能研究者)
・出雲 充(ユーグレナ 代表取締役社長)
・天野 篤(順天堂大学 心臓血管外科 教授)
高橋智隆(ロボットクリエイター)
・西内 啓(統計家)
・舛田 淳(LINE 取締役 CSMO)
中村勇吾(インターフェースデザイナー)
若田光一(JAXA宇宙飛行士)
・村山 斉(理論物理学者)
伊藤穰一(マサチューセッツ工科大学 メディアラボ所長)

著者紹介

川村元気(かわむら・げんき)

1979年横浜生まれ。上智大学文学部新聞学科卒業後、映画プロデューサーとして『電車男』『告白』『悪人』『モテキ』『おおかみこどもの雨と雪』『寄生獣』『バケモノの子』『バクマン。』などの映画を製作。2010年米The Hollywood Reporter誌の「Next Generation Asia」に選出され、翌11年には優れた映画製作者に贈られる「藤本賞」を史上最年少で受賞。12年には初小説『世界から猫が消えたなら』を発表。同書は本屋大賞へのノミネートを受け、100万部突破の大ベストセラーとなり、佐藤健、宮﨑あおい出演で映画化された。13年には絵本『ティニー ふうせんいぬのものがたり』を発表し、同作はNHKでアニメ化され現在放送中。14年には絵本『ムーム』を発表。同作は『The Dam Keeper』で米アカデミー賞にノミネートされた、Robert Kondo&Dice Tsutsumi監督によりアニメ映画化された。同年、山田洋次沢木耕太郎杉本博司倉本聰秋元康宮崎駿糸井重里篠山紀信谷川俊太郎鈴木敏夫横尾忠則坂本龍一ら12人との仕事の対話集『仕事。』が大きな反響を呼ぶ。一方で、BRUTUS誌に連載された小説第2作『億男』を発表。同作は2作連続の本屋大賞ノミネートを受け、ベストセラーとなった。近著にハリウッドの巨匠たちとの空想企画会議を収録した『超企画会議』などがある。

目次

まえがき

理系001 養老孟司……世の中の常識を疑いながら、人間の身体本来の力を信じる解剖学者
理系002 川上量生……ITビジネスとコンテンツ業界を牽引する「ニコニコ動画」生みの親
理系003 佐藤雅彦……独自のルールとトーンで数々のCMを生みだし「作り方を作る」ことを教える
理系004 宮本 茂……マリオ、ゼルダ。天才的発想力で世界を熱狂させてきたゲームプロデューサー
理系005 真鍋大度……驚愕の「精度」と「表現」映像で世界を驚かすメディアアーティスト
理系006 松尾 豊……ディープラーニングを駆使し農業や建設業での活用を目指す人工知能の先駆者
理系007 出雲 充……世界初の大量培養に成功したミドリムシバイオ燃料の可能性にかける
理系008 天野 篤……成功率98%、年間400例の執刀をこなす心臓外科のゴッドハンド
理系009 高橋智隆……スマホに代わる小型ヒト型ロボット時代の到来を思い描くクリエイター
理系010 西内 啓……「不確実時代の最適選択のために統計学は最強の学問」と唱える統計家 
理系011 舛田 淳……世界で月間利用者2億人を誇るLINEでテクノロジーとアートを束ねる
理系012 中村勇吾……“ずっと見ていられるものづくり"でメディア表現の可能性を切り開くインターフェースデザイナー
理系013 若田光一……宇宙滞在期間347日。日本人初のISSコマンダーを務めた宇宙飛行士
理系014 村山 斉……1兆年先の宇宙に思いを馳せつつ研究機構を率いる理論物理学
理系015 伊藤穰一……サイエンスのデザインを追求する日本人初のMITメディアラボ所長

参考図書

仕事。 (文春文庫)

仕事。 (文春文庫)

 

 

理系バカと文系バカ (PHP新書)

理系バカと文系バカ (PHP新書)

 

 

 

 関連サイト

基本的に自分の生理的な感覚にぴったりくるゲームを作る | 理系に学ぶ ...


https://diamond.jp/articles/-/89179 
› キャリア・スキル › 書籍オンライン › 理系に学ぶ。
 
2016/04/26 - その背景にあるのは「“苦手を学ぶ”ことで、人間はぎりぎり成長できる」という一貫した姿勢だという。 そんな川村元気が、話題の新刊『理系に学ぶ。』では、「文系はこれから何をしたらいいのか?」をテーマに最先端の理系人15人と、サイエンスと ...
 
 

映画『怒り』川村元気プロデューサーインタビュー(後編)「新しいドアが開く ...


https://otocoto.jp/interview/kawamura_genki_02/2/ 
作家としての顔も持つ川村さんは、エンターテイメント業界の先輩たちに30代の頃の仕事ぶりについて尋ねた『仕事。』(集英社)に続いて、『理系に学ぶ。』(ダイヤモンド社を今年4月に出版。直接的に映画業界に関係しない理系畑の第一人者たちに逢いに ...
 
 

日本人はなぜ誰にでも「文系」「理系」のレッテルを貼るのか | 週末はこれを ...


https://diamond.jp/articles/-/191187 
2019/01/18 - 理系文系か、この二分法は、日常に浸透し、まるで血液型のように、はじめて会う人同士の話題になることが多い。そして、文系であるか理系であるかでレッテルを貼り、個人を理解しようとする。