読書案内

お薦めの本を紹介します

人類と気候の10万年史ー人類はたいへんな時代を生きてきた!

人類と気候の10万年史

    過去に何が起きたのか、

   これから何が起こるのか

          中川 毅   講談社

人類と気候の10万年史 過去に何が起きたのか、これから何が起こるのか (ブルーバックス)

 本書では、この10万年にわたる気候変動について、詳細な歴史を知ることができ、とても勉強になりました。また、歴史年代を特定するために使用される炭素を用いた年代測定のために、福井県の水月湖という湖の湖底に積もった「年縞」が世界標準として使用されることになっていたとは知ることができたのは大変な収穫でした。

 エピローグで,「地質学的な長時間を視野にいれれば,「想定」と「対策」には限界があり,10年と数千万年の間のどこかに,私たちは現実的な線を引かなくてはならない.それをどこにするかは,哲学の問題であって科学の問題ではない.だが,考察の材料として過去の地球で起こった事件とそれが予測可能かどうかを知っておくことは重要である.」と述べており,自然災害に対する考え方に重要な示唆を与えてくれます。
 氷期は気候変動が激しいが温暖期は安定していること,氷期の終り方はまるでスイッチをパチンと切ったかのように急激だったらしいこと,温暖期の周期が地球の公転軌道の変動周期(ミランコビッチ理論)と一致していること,氷期の激しい不規則な変動および温暖期の安定状態は,二重振り子など単純な非線形(相互作用がある)モデルによるシミュレーション結果に現れる予測不可能なカオス状態の現れ方と類似性があること,には非常に興味をそそられました。
 氷床の氷に閉じ込められた温室効果ガスである二酸化炭素の濃度のデータは8千年前から,メタンの濃度は5千年前から増加している。「もし温室効果ガスの放出によって「とっくに来ていた」はずの氷期を回避しているのだとしたら,温暖化めぐる善悪の議論は根底から揺らいでしまう。私たちは自然にやってくる氷期の地球で暮らしたいのか,それとも人為的に暖かく保たれたた気候の中でくらしたいのか,これはもはや哲学の問題であって科学の問題ではない.」と,ICPPの活動に影響された温暖化対策の政策に疑問を投げかけています。

本書は、大昔の事や将来の環境の事が気になる方にオススメです。

 内容紹介

現代とはまるで似ていない気候激変の時代を生き延びてきた人類。福井県の水月湖に堆積する「年縞」。何万年も前の出来事を年輪のように1年刻みで記録し、現在、年代測定の世界標準となっている。その年縞が明らかにしたのが、現代の温暖化を遙かにしのぐ「激変する気候」だった。過去の精密な記録から気候変動のメカニズムに迫り、人類史のスケールで現代を見つめなおす。

 福井県・水月湖に堆積する「年縞」。何万年も前の出来事を年輪のように1年刻みで記録した地層で、現在、年代測定の世界標準となっている。その年縞が明らかにしたのが、現代の温暖化を遥かにしのぐ「激変する気候」だった。人類は誕生から20万年、そのほとんどを現代とはまるで似ていない、気候激変の時代を生き延びてきたのだった。過去の詳細な記録から気候変動のメカニズムに迫り、人類史のスケールで現代を見つめ直します。
人類は、たいへんな時代を生きてきた! 驚きの地球気候史
福井県にある風光明媚な三方五湖のひとつ、水月湖に堆積する「年縞」。何万年も前の出来事を年輪のように1年刻みで記録した地層で、現在、年代測定の世界標準となっている。その水月湖の年縞が明らかにしたのが、現代の温暖化を遥かにしのぐ「激変する気候」だった。
人類は誕生してから20万年、そのほとんどを現代とはまるで似ていない、気候激変の時代を生き延びてきたのだった。過去の精密な記録から気候変動のメカニズムに迫り、人類史のスケールで現代を見つめなおします。

○氷期と間氷期が繰り返す中、人類誕生以来、その歴史の大半は氷期だった。
○現代の温暖化予想は100年で最大5℃の上昇だが、今から1万1600年前、わずか数年で7℃にも及ぶ温暖化が起きていた。
○東京がモスクワになるような、今より10℃も気温が低下した寒冷化の時代が繰り返し訪れていた。
○温暖化と寒冷化のあいだで、海面水位は100メートル以上も変動した。
○縄文人はなぜ豊かな暮らしを営めたのか。
○平均気温が毎年激しく変わるほどの異常気象が何百年も続く時代があった。
○農耕が1万年前に始まった本当の理由。

「年縞」とは?
年縞とは、堆積物が地層のように積み重なり縞模様を成しているもので、樹木の年輪に相当します。2012年、福井県にある風光明媚は三方五湖のひとつ「水月湖」の年縞が、世界の年代測定の基準=「標準時計」になりました。世界中の研究が、その年代特定で福井県水月湖の「年縞」を参照するようになったのです。この快挙を実現したプロジェクトを率いたのが著者です。

「プロローグ」より
水月湖では、地質時代に「何が」起きたかだけではなく、それが「いつ」だったのかを世界最高の精度で知ることができる。タイミングが正確に分かるということは、変化のスピードや伝播の経路が正確に分かるということでもある。(中略)水月湖の年縞堆積物から気候変動を読み解くプロジェクトはまだ進行中であり、今も続々と新しい知見が得られつつある。本書ではそれらの新しい発見のうち、とくに私たち自身の未来と関連の深いものについて、なるべく分かりやすく紹介してみようと思う

著者紹介

中川 毅(なかがわ・たけし)
1968年、東京都生まれ。1992年、京都大学理学部卒業。1998年、エクス・マルセイユ第三大学(フランス)博士課程修了。Docteur en Sciences(理学博士)。国際日本文化研究センター助手、ニューカッスル大学(英国)教授などを経て、現在は立命館大学古気候学研究センター長。専攻は古気候学、地質年代学。趣味はオリジナル実験機器の発明。主に年縞堆積物の花粉分析を通して、過去の気候変動の「タイミング」と「スピード」を解明することをめざしている。

目次

プロローグ──「想定」の限界
第1章 気候の歴史をさかのぼる
第2章 気候変動に法則性はあるのか
第3章 気候学のタイムマシン──縞模様の地層「年縞」
第4章 日本から生まれた世界標準
第5章 15万年前から現代へ──解明された太古の景色
第6章 過去の気候変動を再現する
第7章 激動の気候史を生き抜いた人類
エピローグ──次に来る時代
あとがき

索引 / 巻末

 

参考図書

 

気候文明史

気候文明史

 

 

時を刻む湖?7万枚の地層に挑んだ科学者たち (岩波科学ライブラリー)

時を刻む湖?7万枚の地層に挑んだ科学者たち (岩波科学ライブラリー)

 

 

関連サイト

環境市場新聞・ECO Books #52 | エコニュースウェブマガジン


https://econews.jp/newspaper/books/books_52.html 
環境市場新聞編集部が厳選した本を紹介していきます。 気になった本があればぜひ手に取ってみてください。 環境問題について一緒に考えていきましょう。 中川 毅 著. 人類と気候の10万年史過去に何が起きたのか、 これから何が起こるのか. バー画像. 湖底の ...
 
 

現代は寒冷期のど真ん中だった? 地球の気候変動の歴史を振り返る ...


https://logmi.jp/business/articles/147884 
2016/06/10 - 最後にこの気候変動が起こったのは5,500万年前で、温暖期の最後に気温はもっとも高くなり、極地でもカメやヤシの木があるほどに ... 地球も太陽も10億歳に満たないほどのまだ若かりし頃、太陽の明るさは今の70パーセントほどしかありませんでした。 .... これは化石燃料を燃やすことに、人類の生活が依存し始めたからです
 

【人類史年表】過去1000万年の気候変動の概要 - るいネット


http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&t=6&k=2&m=304379 
2015/05/27 - 700万年前 ヒマラヤ隆起→サハラ砂漠誕生、乾季・雨季の発生 【人類誕生】 500万年前 アフリカ熱帯雨林が減少(大地溝帯の隆起も影響) 200万年前 氷河期の開始(4~10万年周期で氷期・間氷期が交代) イネ科植物の発生→サバンナの ...
 

10万年でひと呼吸 地球の温暖化と寒冷化 | JAMSTEC×Splatoon 2 ...


https://www.jamstec.go.jp/sp2/column/03/ 
現代で問題となっている温暖化は、人類が二酸化炭素を急激に増やしたことが原因だと考えられています。 ... 地球が誕生してから46億年の歴史をさらに長い目で見ると、地球は約10万年ごとに暖かくなったり(間氷期)寒くなったり(氷期)を繰り返してきたことが ...
 

古気候学研究センター中川毅教授が「講談社科学出版賞」を受賞 |立命館 ...


http://www.ritsumei.ac.jp/news/detail/?id=818 
2017/09/15 - 古気候学研究センター中川毅教授が、著書「人類と気候の10万年史 過去に何が起きたのか、これから何が起こる ... 中川教授は、本著で過去の精密な記録から気候変動のメカニズムに迫り、人類史のスケールで現代を見つめなおしました。