読書日記

お薦めの本を紹介します

子どもへのまなざし

   子どもへのまなざし

佐々木正美(児童精神科医) 福音館書店

本書は、子どもを育てるときに、どのような考えで子どもを育てればよいのか、という考え方が色々と書かれてあり、たいへん役立つと思います。

人間が人間らしくいきるためには、何をすればよいのか、人生で大切な事は何なのか、を考える機会を与えてくれます。

内容紹介
子どもにとっての乳幼児期は、人間の基礎をつくるもっとも重要な時期です。児童精神科医の著者が、臨床経験をふまえて乳幼児期の育児の大切さを語る、育児に関わる人の必読書です。 著者は30年以上、子どもの臨床に携わってきた。さらに診察室だけではなく、保育園や幼稚園、学校、児童相談所、養護施設、家庭裁判所などさまざまな場所で数多くの子どもや親に出会ってきた。
社会の変化に伴い、育児方法や育児の考え方は大きく変化した。育児不安を持つ母親はますます増加し、近年問題になっている過干渉や放置、虐待など、社会のゆがみは、そのまま子育てに影響している。著者は、子どものありのままを受け止めることが大切だと強調する。十分な受容や承認を受けた子どもは、安心して社会に出ることができる。
子どもにとって、最大のサポーターであり、理解者であるのが親なのだ、と。育児の喜びは、子どもに期待できる喜び、子どもを幸せにできる喜びの二つあると著者はいう。そして、子どもの笑顔や喜ぶ姿に、自分自身が喜べる親であってほしいと願う。
子自分が望んだとおりに子どもが育つ姿を見て、満足する。そういう「条件つきの愛」ではなく、無条件に子どもを愛することの大切さは、きっとだれでもわかっていることなのだろう。本書に書かれていることは、ごくごくあたりまえのことばかりだ。しかし、忙しい毎日に追われ、そんなあたりまえのことをつい忘れてしまいがちになる。
目次
乳幼児期は人格の基礎をつくるとき / 子どもをとりまく社会の変化 / 人と育ち合う育児 / こんな気持ちで子育てを / 生命との出会い / 乳児期に人を信頼できると子どもは順調に育つ / 子どもの望んだことを満たしてあげる / 幼児期は自立へのステップの時期 / しつけはくり返し教えること、そして待つこと / 思いやりは身近な人とともに育つ / 子ども同士の遊びのなかで生まれるもの / 友達と学び合う時期 / 思春期は自分さがしの時期 / 豊かな社会がもたらしたもの / 保母さん、幼稚園の先生へ / お母さんへ、お父さんへ