読書日記

お薦めの本を紹介します

天皇と東大

合本  天皇と東大【文春e-Books】 

 立花隆  文藝春秋

 

合本 天皇と東大【文春e-Books】

合本 天皇と東大【文春e-Books】

 

  本書は、「東大という覗き窓」を通して、近代国家成立の前史から、大日本帝国の終わりまでを見渡した畢生の大作です。

 本書の中で著者自身も述べている事ですが、「あの時代」(昭和戦前期)の「ファナティックな」空気を知りたかったと、実際、非常に伝わりやすく、東大生が体験した8月15日(https://books.bunshun.jp/articles/-/3737)もあわせて読んで、深めてみることをお勧めします。

 平均余命が40代とはいえ、太平洋戦争末期にはわずか10代の兵士、現代においては高校生が兵士として借り出され、あるものは未熟な特攻隊として、あるものは魚雷の人柱として死んでゆく世界。東条英機の「戦時訓」はあまりにも有名だが、それを支える、まさに「ファナティックな」議論が国民全体に成立していたのです。

 有名な天皇機関説問題、しかり、政治家の暗殺犯に世論が同情する異常事態、いったいこれを厳罰に取り締まらずして、何を罰せよというのだろうか。今ならそう考えるでしょう。しかし、当時、貧困、格差にあえぐ人々がその怒りの矛先を、金持ちや権力者に向けなければならなかった程、生活は乱れ、逼迫していたし、暗殺犯の生まれる土壌が、十分あったわけです。

 戦後、力道山とプロレスの一時代を築いた元柔道家が、東条暗殺にかかわっていたようで、その意味では極右と呼ばれる人達も一枚岩ではいかないようです。そうした複雑な状況、糸の絡んだ状態を程よく溶いてくれるのが、本書です。


 令和の時代に、改めて、明治、大正、昭和がどのような時代だったか、理解する上で本書をお勧めします。

内容紹介

なぜ日本人は、あのバカげたとしかいいようがない戦争を行ったのか。
日本が大破局への道を歩き始めた昭和戦前期、日本の歴史の大転換を中心的に動かしたのは、天皇という存在だった。
その大転換が起きた主たる舞台は東大だった。
天皇イデオロギーと反天皇イデオロギーとの相克が最も激しく起きた舞台も東大だった。
「東大という覗き窓」を通して、近代国家成立の前史から、大日本帝国の終わりまでを見渡した著者、畢生の大作が一冊に!

<主な内容>
東大は勝海舟が作った/慶応は東大より偉かった/早大の自立精神、東大の点数主義/「不敬事件」内村鑑三を脅した一高生/日露開戦を煽った七博士/元白虎隊総長・山川健次郎の奔走/東大経済は一橋にかなわない/大逆事件と森戸辰男/大正デモクラシーの旗手・吉野作造/”右翼イデオローグ”上杉慎吉と大物元老/東大新右翼ホープ岸信介/新人会きっての武闘派・田中清玄/河上肇とスパイM/血盟団安岡正篤血盟団事件 幻の”紀元節テロ計画”/共産党「赤化運動」激化と「一人一殺」/日本中を右傾化させた五・一五事件と神兵隊事件/狂信右翼・蓑田胸喜と滝川事件/美濃部達吉統帥権干犯問題を撃つ/ゾルゲ・昭和天皇平沼騏一郎天皇機関説論争が招いた二・二六事件昭和天皇満州事変/東条が心酔した平泉澄皇国史観/「太った豚」による矢内原忠雄追放劇/「大逆」と攻撃された津田左右吉の受難/戦時経済の寵児・土方成美 絶頂からの転落/粛学の立役者、田中耕太郎の四面楚歌/反ファッショ人民戦線と河合栄治郎/平賀東大 戦時体制下の大繁栄/南原繁総長と昭和天皇退位論/天皇に達した東大七教授の終戦工作

著者紹介

立花 隆(たちばな・たかし)

昭和15(1940)年長崎県生まれ。39年東京大学仏文科卒業。49年「田中角栄研究―その金脈と人脈」(「文藝春秋」11月号)で金脈批判の先鞭をつけ、以後精力的に腐敗政治批判を続けている。知的関心は幅広く、その徹底した取材と卓抜な分析力による文筆活動で、58年菊池寛賞、平成10年司馬遼太郎賞受賞。

目次

東大は勝海舟が作った/慶応は東大より偉かった/早大の自立精神、東大の点数主義/「不敬事件」内村鑑三を脅した一高生/日露開戦を煽った七博士/元白虎隊総長・山川健次郎の奔走/東大経済は一橋にかなわない/大逆事件と森戸辰男/大正デモクラシーの旗手・吉野作造/”右翼イデオローグ”上杉慎吉と大物元老/東大新右翼ホープ岸信介/新人会きっての武闘派・田中清玄/河上肇とスパイM/血盟団安岡正篤血盟団事件 幻の”紀元節テロ計画”/共産党「赤化運動」激化と「一人一殺」/日本中を右傾化させた五・一五事件と神兵隊事件/狂信右翼・蓑田胸喜と滝川事件/美濃部達吉統帥権干犯問題を撃つ/ゾルゲ・昭和天皇平沼騏一郎天皇機関説論争が招いた二・二六事件昭和天皇満州事変/東条が心酔した平泉澄皇国史観/「太った豚」による矢内原忠雄追放劇/「大逆」と攻撃された津田左右吉の受難/戦時経済の寵児・土方成美 絶頂からの転落/粛学の立役者、田中耕太郎の四面楚歌/反ファッショ人民戦線と河合栄治郎/平賀東大 戦時体制下の大繁栄/南原繁総長と昭和天皇退位論/天皇に達した東大七教授の終戦工作

参考図書

近代と現代の間: 三谷太一郎対談集

近代と現代の間: 三谷太一郎対談集

 

 

 

崩御と即位―天皇の家族史 (新潮文庫)

崩御と即位―天皇の家族史 (新潮文庫)

 

 

関連サイト

天皇と東大 大日本帝国の誕生』(文藝春秋) - 著者:立花 隆 - 鹿島 茂 ...


https://allreviews.jp/review/1100 
› 書評/解説/選評 › 歴史・地理
 
2017/11/04 - 立花 隆『天皇と東大 大日本帝国の誕生』への鹿島 茂の書評。時代を変えた狂信的右翼の系譜日本人は負けると解っている愚かな戦争をなぜ、どのようにして始めてしまったのか?東大に客員教授として招かれ、東大生の学力低下の原因を ...
 
 

東大生が体験した「8月15日」 | 特集 - 文藝春秋BOOKS


https://books.bunshun.jp/articles/-/3737 
2012/04/23 - はじめに 以下は、「文藝春秋」平成17年9月号の特集「運命の8月15日」におさめられた「東京帝国大学が敗れた日」の中で告知しておいた、「8月15日東大」を体験した人々の取材記録である。 すでにあの…
 
 
2014/12/08 - 教師をはじめ、大人たちは、「君たちも20歳になったら、天皇陛下のために戦って死ね」と僕たちに言った。そして僕自身も、「海軍に ... そして、東大教授の本郷和人さんによれば、「権威でさえなかった」時代もあった。徳川家康は「禁中並公家諸 ...
 
 
 

日本近代史の歴史認識をまとめています

 
日本の戦後補償条約 一覧. サンフランシスコ講和条約講和条約の全文(日本語) · 講和 ... 近現代日本を訪れた外国人. 「 お雇い(御雇)外国人 」 · 「 青い眼の見た幕末の日本 .... アメリカの近現代史. 1898年 ハワイ併合. ハワイ併合の予備知識 産業の変化 ...